news_csr

SDGs 第1回YFAなでしこカップSupported by 山梨ダイハツ

10月30日(土)、昭和町にある押原公園人工芝グラウンドにて「第1回YFAなでしこカップ Supported by 山梨ダイハツ」が行われました。   


小学生の女子チームが参加するこの大会は、今年からなでしこリーグ入りへ奮闘を続けるFCふじざくらを運営する一般社団法人ふじざくらスポーツクラブ・女子委員会3手チームが協力として参加し、当社も特別協賛として加わり、新たにリニューアルされました。

大会ロゴは、FCふじざくら山梨の工藤麻未選手がデザインし、そのロゴをプリントしたオリジナルTシャツを選手の子どもたちが着用し、試合に挑みました。


今大会には、県内から10チームがエントリーし、新型コロナウイルス感染症予防に観点から、Aブロック5チームが午前、Bブロック5チームが午後に行い、1チームが事前の抽選で決まった相手と3試合を行うリーグ戦でブロックごとに優勝を争いました。


午前と午後の間に行われた開会式では、当社社長の中島より「この中から、WEリーガー、なでしこリーガーがたくさん出てくることを期待しています」と選手たちにエールを送りました。

子どもたちも暑い中、一生懸命にボールを追いかけ、チーム一丸となってゴールをめがけて一生懸命ボールを追いかけていました。

普段、男子選手と混合チームで戦っている女子選手が一堂に会して、このような大会に参加する機会はなかなかないので、当社も微力ながら支援できたことにうれしく思いました。

これからもっと女子サッカーが盛り上がり、このような素晴らしい大会が多く開催されることを目標に、女子サッカー普及に積極的にサポートしていきたいと思います。